知らないと損をする! 防犯カメラの選ぶ上でのポイントとは?

今や一般家庭などで防犯カメラを導入するのも珍しいことではありません。しかし、防犯カメラってどのように選んでいいものか、分からないことも多いですよね?

そこで今回は「防犯カメラを選ぶポイント」を紹介しましょう。

(1)設置する場所は?

まず設置したい場所は「屋外か、屋内か」を確認しましょう。

屋外なら防水加工は必須ですし、屋外でも防塵加工されていたものを選んだ方が長持ちします。

また「屋外に○ヵ所、屋内に○ヵ所」など複数台設置したいのであれば予算にかかわってきますので、しっかり吟味しなければなりません。

(2)使用する時間帯は?

例えば、「お店が開いている時(明るい時)だけ記録出来ていればいい」という店舗なら問題ありませんが、大抵は「24時間記録したい」「夜間が心配」というものだと思います。その場合、通常のカメラでは暗闇を映すことは出来ませんので「赤外線機能」は必須となります。

(3)設置場所は工事可能か?

防犯カメラの種類によっては壁に穴を開けるといったような工事が必要なものもあります。

しかし、アパート・マンションなどの賃貸住宅では勝手に工事は出来ませんので、工事が難しい場合はワイヤレスタイプの防犯カメラにするなど工事ができるか確認しておく必要があります。

(4)どこで購入するか?

防犯カメラ自体は通販サイトで購入することが出来ます。

しかし、設置やサポートサービスは無い事も多いようです。あまり機器に詳しくないということであれば、お住いの地域の電気屋さんか、警備会社に見積もりや設置依頼をした方が良いでしょう。

防犯カメラは数年で劣化する部品もあるので、アフターサービスの充実した警備会社などがより安心です。

(5)防犯カメラを使用する目的はどんな理由か?

これまでの項目でも触れてきましたが、「夜も監視するなら赤外線機能」といったように、目的に合った機能を持ったものを選ばなければ意味がありません。

防犯目的にしても「カメラの存在を知られたくない」ということあれば小型のものを選びたいでしょうし、逆に「カメラの存在感を含めて設置したい」と思うなら、赤外線ランプや防犯ブザーなどと連動しているものもあります。それぞれの状況に必要な機能をピックアップして選びましょう。

まとめ

以上、5つのポイントをご紹介しましたが、いろいろあって覚えきれないということもあるかと思いますが、5W1Hで覚えて頂ければ良いでしょう。

・「どこに」設置するのか?
・「いつ」監視するのか?
・「何」に住んでいるか?
・「どのくらい」の予算か?
・「誰が」サポートしてくれるのか?
・「なぜ」必要なのか?

まずはこのようなポイントで、自分にはどのような防犯カメラが必要なのかをはっきりさせることが、そのまま選ぶポイントに繋がります。

return top